トレチノインは腹やVIOにも使えるのか

トレチノインはビタミンAの一種で外用薬として肌に塗ると、表皮の奥の細胞に働きかけ細胞分裂を活発にさせる効果があります。
そのため肌の生まれ変わりのサイクルが短くなり、通常よりも早くメラニンを多く含んだ角質がとれるのでシミを薄くすることができたり、長期間にわたって繰り返し使用すれば刺激をうけた細胞がコラーゲンの生産を増やしヒアルロン酸が増えて肌にハリや弾力がでるため小じわやたるみ、毛穴の開きを改善する効果もあります。
およそ28日サイクルのターンオーバーを2週間程度に短縮することになります。
トレチノインは主に顔の治療に使われますが、腹や腕などにも使うことができますがトレチノインは刺激が強く、古い皮膚を除去して新しい皮膚に生まれ変わらせるため使用すると皮がめくれてきます。
皮がめくれるほかかゆみを伴ったり赤くただれたようになることもあるので、VIO皮膚の弱い部分や腹のように広範囲に使用する場合には注意が必要になります。
医師の処方が必要なため、定期的に診察を受けて使用方法を守って使うことが大切です。
下着との摩擦により黒ずんでしまったVIOラインなどは角質が溜っていることが多く、他の部分よりも作用が強く出やすい部分となります。
使用する薬剤の濃度が弱いほうが皮膚に与える刺激が弱くなりますが、弱すぎた場合や強すぎた場合には効果が出ないだけではなく刺激によって逆にメラニン色素が増えてしまい色素沈着を起こしてしまうこともあります。
パッチテストを行い最適な濃度を調べてから、使用を始めることが大切です。
お腹やVIOに使用する場合には色素沈着を防ぐために締め付けない、肌に触れる部分はコットンでできている衣類を着用します。