トレチノインによる顔のシミ治療は富山県の病院で

顔などの表皮の細胞については、基底層と呼ばれる最も深い層で生まれて、少しずつ表面に押し上げられることで角質となり、最終的には垢となって皮膚から落ちていくことになります。
このような皮膚細胞のサイクルが行われることを、ターンオーバーと呼んでおり、およそ4週間かけて行われます。
多くのしみの原因は表皮の基底層で、メラニン色素が沈着することが原因と考えられます。
基底層にはメラノサイトというメラニンを生成する細胞があり、一般的に市販されている美白剤はメラノサイトがメラニン色素を作る量を減らす効果があると言えますが、その作用は弱いものが多いですし、メラニン色素そのものを外部へ排出する作用がないので、見た目として良くならないことが多くなります。
市販されている美白剤と比較して、トレチノインは顔などの表皮の深い部分にあるメラニン色素を外部へ排出する作用を持っています。
トレチノインによって表皮の細胞が増殖されて上へと押し上げられていき、メラニン色素を一緒に持ち上げることで、2週間から4週間ほどでメラニン色素を外へ排出します。
顔にできやすいシミとしては、色素性母斑や肝斑、そばかすなどが挙げられますが、トレチノイン軟膏によって有効性のあるシミは肝斑やそばかす、扁平母斑などと言えます。
富山県のクリニックでは、トレチノインを使用してシミの治療を受けることが可能で、通常のシミの場合には治療にかかる期間はおよそ2か月となります。
富山県のクリニックではトレチノインを使った顔のシミ治療が行われていて、クリニックによって診療に予約が必要な場合があります。
富山県に住んでいてクリニックに通えない状態であるときには、通販サイトで医薬品を購入することでも治療を行えます。